上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最後の更新からどれくらいだっただろう。
恥ずかしながらブログ再開。

来週手術すること
夫がまた1年程単身赴任で中国に行ってしまったこと

そんなことを考えてたら
またここに戻ってきたくなった

書きたいことはいっぱいあるんだ
時は流れていて、
ツイッターとかfacebookとか他のツールも考えたけど
最先端は性にあわない?(苦笑)

さて、ぼちぼち最近のことから更新開始!
スポンサーサイト
2010年、2月
今年はなんて寒いんでしょう><

ブログ放置甚だしくも、忘れたわけじゃなく・・・
とっても気になっていたわけで・・・

今日は久し振りに、以前の職場の仲間と
ランチをしに行ってきました

それで、妙にテンションが上がってしまって
帰宅後も家事が手につかず
なんとなく、夫のご飯もあるから大丈夫だし・・・

と思って、久し振りにマイブログを開いてみました
今日ランチしに行った場所が、
以前ブログ友のほっこさん、マリラさん、やっちさんと
ちょうど今頃ランチした場所と同じで
余計にブログのことが気になったんです

ちなみに、私がブログを開始したのも今時分ではなかったかと
確認してみると
3年前のバレンタインに、開始してたんですね、このブログ。ほほう
ちょっと読み返したら、
やっぱり今より若い私、抗がん剤真っ只中だった私、
痛々しくも頑張っていたように見えました・苦笑

そして今、病気以外の悩みはそれなりにあるけれど
私は、元気
といっても、今年は長引く風邪にやられたりして・・・
でも、それなりに治っちゃえるんだから健康?

2009年10月に受けた
初発術後3年、局所再発後1年検診でも異常なく

11月には母と念願のパリ旅行に出掛けたし
12月暮れには夫と、極寒の韓国旅行に出掛けました
貪欲にバイトして、稼いだお金で遊ぶ!に私なりの全力でした
記事にしないのは、もったいないですよね、へへへ

さて、またマイペースに
自分の心とも向き合うために
ブログ再開しようかな
我が家にもようやくETCが来ました^0^

夫の会社の関係で手配してもらったので
取り付けは自宅に来てくれることに♪

本日バイトはお休みなので、
朝来てくれることになってました

それで取り付けにきてくれた青年が

小泉幸○郎君似のイケメン
小泉君が特別好みの訳じゃないけど
キレーな青年に思わず顔がほころんでしまった
爽やかってステキッ(笑)

さて、しばし遠出の予定は無いんだけど~
せっかくだから、ETC使ってみたいなぁ♪
2009.03.19 お先に~
20090319205822
今日はまだ旦那さん帰ってきません(´Д`)
あまり遅い夕飯はメタボの元だしね~
お先にいただきますよ
って、早く帰って来てもお風呂など長い夫なので
最近は一緒にご飯食べることないよ(;´・`)
お粗末画像失礼しますm(__)m
ハロに見られながら夕飯です(笑)
今日は旧正月の元旦です
中国では旧正月を春節といって、
日本のお正月のように、これからが中国の新年
爆竹や花火で盛り上がるようです
国全体として、長期休暇となるので
駐在している日本人で、一時帰国される方も多いです

夫と一緒に向こう(中国)で仕事をしていた後輩君も
帰国してきて、時間があったら会いましょうと、
声をかけてくれていました

私も後輩君とは中国で何度か食事を一緒にさせてもらったり
旅行にも行ったし、日本ではまだ会った事ないし(笑)
是非会いたいなぁと思っていました
後輩君(というか、夫の中国駐在に関わった会社の人達)は
私の病気のことを知っています

夫も、後輩君に会えるのを楽しみにしていて
聞いていた帰国予定日に、早速電話してみたり(苦笑)

でも、そんな後輩君から昨日夫に連絡があり
今回は、会うことが出来そうにないと
もちろん、もともと後輩君の都合がつけばの話だったので
残念ですが、むしろ気を使わせてしまったかと恐縮><
その理由も、後輩君は夫に話してくれました

「実は母に乳がんが見つかって、(2月)2日に手術なんです」

そんなぁ

どうやら、腋下リンパへの転移も見られ、
術後すぐに抗がん剤治療のため、3週間ほどの入院になるらしいです

後輩君はうちの夫を慕ってくれていて(ホント有り難いことです)
私のこと(病気も含め)も知っているから、
ここまで話してくれたのかもしれません

後輩君には弟もいますが、
お父様もあまり無理は出来ない身体だと聞いており
出来れば再び中国に戻る日を延期して、
お母様の手術に立会い、説明を聞きたい・・・
急にそんなこと(会社的に)許されるかなぁ
と言う後輩君に、夫も出来る限りのことはするから
残ったほうが良いと伝え・・・
先程夫からのメールで、なんとかなったと聞きました

なんなら、しばらく僕が代わりに中国に…
と言う夫には、妻としては少々複雑な気持ちもありましたが^^;

改めて、ガンは珍しい病気じゃない
いつ自分が患者に、また患者の家族になるのか、
全くヒトゴトではないわけです
私だって今患者だけど、他の家族が罹患した痛みは
また全く違ったものだと思います

ほっておいたら命に関わる怖い病気であることは
まだ変わらないけど
先日とあるテレビ番組では、
ガンの完治率が6割まで来ていると言っていました
きっとこれからもっと上がるでしょう

後輩君の家族が、どんな風に捉えているのか
いろんな状況もひとそれぞれなので
野暮にクチを出すつもりはありませんが(きっと夫も)
もし力になれることがあるなら、いつでも言ってねと
夫に伝言。

私が出来ることは、罹患しても元気でいられる事実を
見せてあげることなのかな
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。