上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
乳がん温存手術、術後補助療法である放射線療法

標準25回(50グレイ)+ブースト照射(電子線)5回

無事終了しました

やはり、疲れました
気が抜けました
でも、うれすぃ~
頑張りました、自分

後は、このあとすぐに続くであろう検診で、
どうか何も悪いものが出ませんように
スポンサーサイト
ついに放射線治療、標準量の50グレイ(25回)終了
ブーストがあと5回続きますが、きっと大丈夫

お陰様で、
かゆみもほとんどなく
痛くも無く
ヒリヒリもせず
焼け具合も軽そうで

今日の技師さんに以上のことを確認され
『それならたぶん、今後も何ともないと思いますよ』
と、言ってもらいました♪
とはいうものの、後発的に出てくる放射線治療の副作用というのか
後遺症なるものの可能性も無くはないですが、そこは考えても
しょうがないので、要観察…ですね。

毎日の通院で疲れもありますが、私としても終わればあっという間
です。同じことの繰り返しなので時間が経つのを案外感じない
ところもあるのかも。でも実際始めた時は6月で梅雨かなぁ
なんて思っていたのが、終わった時は梅雨明け
7月ももう終わり…と思うと、時が確かに経っていたのを
感じます

ブースト5回はチョチョイ!でいけいけ
来週火曜日からのブーストに備えて、この日乳腺外科にて
印付けをする予約を入れておく…と聞いていたけど、
午前中の予約とだけ聞いていたので、いつもと同じ9時頃
病院に着いた

受付機で受け付けし、出てきた伝票を見ると…

1)放射線科 9:00
2)乳腺外科 8:30

……え!?乳腺外科の予約時間とっくに過ぎてるじゃん
軽く動転してそのまま放射線科のある地下への階段に行きかけた
ものの、すぐそばに乳腺外科があるので、先にここで確認
してみようと、乳腺外科の受付にて事情を伝えると
『先にこちらでお待ち下さい』と言われた。

1分も待つことなく呼ばれ、診察室へ
上半身脱いでベットで待つように指示され、横になるとすぐに
主治医登場
カーテン越しに、お決まりの(笑)
『おはようございます。どうですか~』
との問に、
聞こえないくらいの声で「普通…」とつぶやき(ほんと間抜け
さらに『調子はどうですか?』と聞かれたので
「いいです~」
とのジョブトーク

そして早速印付け

主治医はここ数回傷を見るたびに、傷が下に引っ張られて幅が
出来ていることを、気にしている
たぶん場所によっては表面の傷がほとんど見えなくなる位
キレイになるんじゃないかな
(前にテレビで温存手術の傷見たときは、全然わからなかった)
「なんとかしたいけど…うぅーーんーー;」
って主治医の気持ちだけでもうれしいし、本人はそれほど気に
してないよ。

印付けは赤いマジックで傷付近を丸く囲んで終了
起き上がるように言われ乳頭の高さを確認、
『うん、いいね』だって

『(放射線の)色素沈着もあまりないみたいね』
「ほとんどかゆくもないし…順調です」
『(ケモ)終わったから、調子よくなってきてるでしょ?』
「は~い、どんどん調子よくなってますよ」

久しぶりに会った主治医は、前より優しい感じがした
ちょっと余裕が感じられるというか…
先生に良いことあったならいいな~と、先生の一ファンとしては
思ったりして

その後放射線科へ
今日は女性と優しいおじさんのW技師さんが来てくれて
治療前後、また和やかなの時間を過ごさせてもらった
おじさん曰く
『あと数回ありますが(標準は1回だよん^^)来週からのは
 おまけみたいなものですから。(野球で言うと)8回で
 コールドって時に、さらに2点!みたいな^^』
「ふふふ、ダメ押しですね」
この発言に納得しつつ、私と女性技師さんで笑っていた

今週も無事終了
夕方、一部痒くなったりしたが、1日経った今日は治まっている。

梅雨も明けて夏本番!
来週も主治医に会えるし~
ほっこさんに会えるかもしれないし~
週末調整に入ります





おぉ!
活字にしてみると実感沸きますね。
標準はあと2回だ♪
日課として毎日通っているので、疲れてはきているものの
まだまだ通うと思っている自分がいる
こんな感じで頑張りましょう。

先日の放射線技師さんは、以前40代と思っていたベテランさん
さすがにとても手際がよく、安心感もある
照射後、その技師さんが入ってくるなり、

『りんごさん(昭和)52年生まれなの?
 僕が就職した年だよ~なんだかショック
 疲れがなかなか抜けないわけだよね(トホホ顔)』

と言うので「それじゃあかれこれ30年ですか?」と聞くと

『ここ(の病院)が出来たのが58年だからその前の6年は
 別のところに勤めてたんだけど、そうですね』

着替えてる時もカーテンの外から
『あ~ショックーーショックー』って声が聞こえ(笑)、
『子供達もみんないなくなっちゃったし、今は犬だけ…
 寂しいもんだよ~』
とか言ってて可笑しかった

私は終始笑っていたけど、帰り際にはまた真面目に
『病気になったのは大変だったけど、風邪などひかないで
 もうちょっと頑張ってくださいね』
と言ってくれた。

あぁーー、なんて良い技師さんなんだろう

そういえば先日CCB君の話では、基本(?)的には技師さんが
1日辺りに受け持つ患者さんは20人位…だけど実際は
40人位…かな(苦笑)…とのこと。
それだけガン患者さんがいて、治療施設も足りてないって
ことなんだろうか。

私がこんなに安心して治療を受けられるのも、技師さん達の
おかげですよ。
いつも「ありがとうございます」と言ってくるけど、
ものすごく本心。気持ち、届いてるかな?
西の方は梅雨明け宣言があったようですね
今日は久しぶりに朝から青空が見えた

火曜日なので、放射線照射の前にDr.診察
残念(全く失礼な…)、本日の診察はおっとりおじ様Dr.

焼け具合の確認では…

Dr.『自分で見てどうですか?先週と比べて』
りんご「?…うっすら焼けてますけど、あまり変わらないような」
Dr.『かゆみは?』
りんご「あまり気になりません」
Dr.『軽いほうですね^^』

えへへ、そうですか~
そうなんです。たまになんとなくかゆい気がするってのも
ここ数日はない位で、ホントに気のせいだったのかも^^;

ちょっと風邪ひいちゃったんですけど、薬飲んでもいいですか?

と聞くと、ホルモン治療をしていないし、問題ないとのこと。
ホルモン治療してると、風邪薬も関係あるのかなぁ。
ちなみに家にあった葛根湯を飲むつもりだったので、ホルモン
治療で漢方を併用されている方もいるし、やっぱ飲んだら
いけない薬もあるんだろうな。

なんだか先生とぼけた感じで、あと5回ですね…なんて言いつつ
「え?あの…」と言う私を横目にカルテに目を落とし、
ブースト追加があることに気付いて、二度見してた(笑)

ブースト前に、主治医の元でブースト照射位置を決めてこなきゃ
いけないらしく、おっとり先生がにわかにアワアワしてたのが
ちょっとおもしろかった。
その隣で私はお得意ののほほーんですよ

8/1にも師乳腺外科の予約が入ってるけど、その時では遅い
ので、今週金曜日に思いもかけず主治医に会えるみたい
ラッキー
主治医に会うとテンション上がる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。