上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.11.30 2回目の挑戦
乳がんの方は、ひとまず落ち着いて
今年8月から始めた不妊治療についても
書いてみる気になりました

ホルモン値など検査してみると
現時点卵巣機能があまり良くなく、
その他幾つかの条件により
(って、ここ重要だけど省略^^;)
タイミング、人工授精と、基本的な不妊治療は飛ばして
顕微授精の道へ

結果からいうと、
9月に一度採卵、受精させましたが失敗
相当凹みました><

まず、採卵にて一つしか卵が取れなかったこと
卵巣への負担を考えて、経口の排卵誘発剤を使いましたが
やはり反応は鈍く…
主治医からも、多くて2・3個しか期待できないと思うと
言われていたけど、1個とはねぇ…

その一つも未熟卵だったため、
培養して成熟したところで受精させましたが
卵割進まず、移植まで進むことも出来ませんでした

ということで、また採卵からやり直し;_;

こんなこと言ってもしょうがないけどさ…
複数個の卵があって、複数個の受精卵が出来てたら
もうちょっと望みがあったのに…とか
やりきれない気持ちになってしまった

そんな時の自分に追い討ちをかけたのは、
採卵後、少し生理が止まってしまったこと
採卵という刺激で、身体のバランスが崩れたのでしょうか
通常より2週間程遅れて復活しましたが
動揺というか、精神的にキツかった

その後、ちょっと卵巣を休ませるカウフマン療法をして
今また2度目の採卵に向けて準備しています

前回同様、経口の排卵誘発剤
現在一つの卵胞を確認
今度は、注射の誘発剤(hMG製剤)も併用して
様子をみています

また一つ…
という気持ちはやっぱりあるけれど、
(採卵)3度目までは頑張ってみようと思っています
一度の採卵で一個の卵子っていうペースでは
金銭的にも精神的にも持たないーー;
最初の失敗だからショックも相当で
もしかして私の気持ちもまた変わっていくのかもしれません

今は目の前の2度目の顕微授精に向けて前向きです

乳がん同様、不妊治療も奥が深く
私も勉強不足で以上内容的に稚拙で
不明な点も多いと思いますが、
自分の記録ですので
ご覧の皆様、ご了承くださいませm(_ _)m
ついでにコメント欄も隠しておきます
コメントもしずらいですよね(苦笑)
スポンサーサイト
突然復活

本日、先週受けた術後(初発後4年、再発後2年)の定期健診の
結果を聞きに行きました

結果オーライです
検査内容は、血液・エコー・マンモ・PET-CT

そういえば、半年前に3年半検診にも行ってました^^;
もちろん問題なく
最近もすこぶる快調です

次は・・・というと、1年後を提案され、
ちょっと迷いましたが、これといって気になるところもなく
検査代も馬鹿にならないし
気になることがあったら適宜ということで納得しました。

4年かぁ
もっと経ってるかと思った~
そうそう、前回の検査の時に3年半だと知って、
『次って5年じゃなかったんだぁ』と思った

そして、久し振りに会った主治医との会話

『りんごさん、お久しぶりですね。
 検査は皆問題なかったよ^^ホント、良かったです』

エコーで一部念入りに調べられたので、ちょっとビビッてて
主治医の触診でも何か触れたのがわかったみたいだったから

「それ、乳腺ですよね?」
『うん、これは大丈夫』

『りんごさんも4年経ったんだね』
「はい、こっちのことは気になることはないんですが
 8月から、不妊治療始めました。
 ・・・のでホルモン剤とか、排卵誘発剤を服用したりしてます」

『そっかぁ、大変だねぇ。
 ドコに行ってるの?(薬は)注射?』
「(不妊治療の病院名、主治医知らず・苦笑)
 飲み薬です。やっぱり卵巣機能がかなり弱ってるみたいなので
 顕微授精で進めてます。
 あの(PET-CTでも確認された)子宮筋腫が6cmもあったので
 手術も検討してたんですが、
 卵巣の残り時間の方が問題なので、そちらは後回しに。なんですよ~」

『うーん、卵巣機能かぁ><
 皆いろいろあるんだよねぇ』
「?みんな?」

ちょっと前に主治医の患者さん(ということは、乳ガン患者)で、
私と同じ歳くらいで、妊娠も望んでて、子宮筋腫があって・・・
という方がいた様で、治療前に採卵を検討したようでした。
抗がん剤による卵巣機能低下への配慮については、
こんな話を聞かされる度に改めて考えるのかな。

あ!それに、影響はそれなりにあったことは確かでしょうが、
抗がん剤後、私ぐらいの歳(今33歳です)で自然妊娠されている方も
沢山いますし、私はもともとそれほど卵巣能力が高いほうでは
なかったのではないでしょうか

『この位でガンになると、まだまだ心配なんだよね、うーーん』

乳がんだけのことを言っているわけではなく、若いうちにガンを
発症すると、多重ガンが見つかるケースも少なくない?
主治医~、患者の不安を煽らないでよ(苦笑)
いや、私はこの言葉にダメージを受けてないから大丈夫ですよ、
きっとこんなことをつい主治医に言わせてしまう出来事が
あったんだと思います。・・・って、私は主治医に甘い(笑)

まぁとにかく、久し振りに主治医に会えてちょっと話せて
良かったです
1年後、会えるでしょうか?

そんなこんなで、今の私は元気です。
正直、4年前は目の前のことに必死で、
数年先を考えることさえ出来なかった
それが今では、また老後の心配をし始めています(笑)



この病院にお世話にならずにまた1年過ごしていきましょう♪

お会計の待合で、元職場の同僚二人に偶然出会いました^^;
地元の中核病院なので、それなりに人が集まってくるとは
思いますが、不意に知り合いに会うと、
キョドってしまう自分がいます(苦笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。