上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日(6/22)、放射線照射位置決めに行ってきた

皆さんの情報から、胸に直接マジックなどで線を描き、印が落ちて
下着が汚れたりする…等聞いていたので、汚れても良いブラキャミ
を着て行った。

出来ればあまり若くない技師さんがいいなと思い、待合室で
行き来する放射線技師らしき人を観察してたけど、この前より
さらに若そう(20代前半??)な技師さん発見
でもおじさんもウロウロしてる…

結局呼ばれたのはCCBドラム風の若い技師さんにだった
しかも~、放射線室(なのかな?)に入ると着替え室などはなく

『そこに荷物を置いて、上半身を全部脱いで下さい』

って…
内心「えーー!!やだー!脱ぐとこは見られたくない~」
と思ったけど、しょうがない
まぁ別に見ちゃいないだろうけどっ!!

この日、ジーパンにキャミブラ・ポロシャツの服装で行き
「あ……」と思ったこと。
もぐりの服はウィッグがズレル…もしくは取れる絵文字名を入力してください
衿ぐりはそんなに狭くなかったから今回はそれほど大変じゃ
なかったけど、ウィッグの上にさらに被っていた帽子を、
上島〇兵並にはずしたまではよかったものの、ウィッグを気に
しながらAND人目を気にしての着替えに動揺した。

いらないと思ったブラキャミは、ストレッチが強い素材なので
普通に着ていても疲れるし、汚れても惜しくないと思った訳
だけど、着替えはしにくかった

服を置くカゴには一応タオルも置いてあったけど、今更隠しても…
と半ば開き直って、上半身脱いだ状態で、手術台みたいな台に
横になった。

台の上に、頭と腕の位置が変わらないようにするための変な枕
みたいなものがあって、バンザイをするような格好になり
そこで技師さんがタオルをかけてくれた。

すると台が上昇し45度位移動して、部屋の中心辺りの天井から
ぶら下がっている機械の下で止まった。

ここからもう一人おじさん技師が現れ、CCB君と一緒に機械を
動かし、操作室と思われるガラス越しの部屋と私がいる部屋を
行ったり来たりした。何をやっているのかわからないけど
部屋の電気をつけたり消したり、胸の上にある機械が動いたり。

最終的に、CCB君がやってきて
『では、印付けますね』
と言って、マジックで胸に線を4本描いた。
『印が消えないように、特にお風呂では気をつけてください。
 薄くても残ってればわかりますし、また書き足しますから』

私「石けんも使わない方がいいですか?」
と訊ねると、
『あ…、普通の油性マジックなので、石けんだと消えちゃう
 かも…すみません、初回の来週月曜日までは石けんは
 使わないでください
と、すまなそうに苦笑い。
意地悪な質問だったかな?ごめんね~
ていううか、普通のマジックだったんだ

これにて、放射線の位置決め・印付けは終了。

看護師さんからも、治療の流れの説明があり
『印は薄くなっても消えなければいいですから^^
 たまに自分で書き足してきてくれるかわいい患者さん
 いますけど(笑)、技師の方で書き足すので心配しないで下さい』
と言っていた。

お風呂もだいぶ気をつけてみたけど、1日でだいぶ薄く
なっちゃったぞあと2日もつかなぁ
暑いから汗でも結構落ちてしまう感じ。
マジックのメーカーどこだったんだろう
私も奥の手は…自分で書き足すかわいい患者さん…か??

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://applejam119.blog93.fc2.com/tb.php/120-88c08861
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。