上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EC投与から16日後の1/7に、血液検査に行った。
朝家を出る前の体温は36.8℃、私としては平熱
の範囲内だったけど、前日あたりから喉が痛く
なっていた。

病院で熱を測ると37.4℃に上がっていた。
血液検査結果が出たので診察室に呼ばれ、喉の痛みを
伝え診てもらうと、少し腫れているとのこと。
白血球も2100まで下がっていたので注射することに。
主治医が『なんで~今日は皆だめだぁ~
と悲痛な声をあげていた。私だけではないらしい
病院内でノロウイルスが問題になったりしていたので
『先手必勝白血球を増やす注射(ノイトロジン)と
 抗生物質の点滴をします。渡してある抗生物質
 (バナン)はまだある?それも3日分全部飲んで。
 それでも高熱が出てしまうようなら、病院来て。
 病院来る方がいろいろもらっちゃいそうだから
 出来れば来ないほうがいいけど!でも熱下がら
 なかったら絶対来て!いい!?』
と言われ、は~い、わっかりました~と従った。

おかげさまで帰宅後も特に熱があがることもなく、喉の
痛みもひいて快適に過ごせたよ。先生ありがと

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://applejam119.blog93.fc2.com/tb.php/19-f9b69eb6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。