上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年5月 自己触診にて左胸に2cmほどのしこり発見
     近くの病院にて、触診・エコー・マンモグラフィ
     良性の腫瘍との診断(のう胞または水胞?)    
     様子を見る

   7月 しこりが硬くなったので、前回と同じ病院受診
     違う先生に診てもらう(触診・エコー)
     腫瘍内の水又は膿が抜けてきたから硬くなった
     との見解。自然治癒するかもしれないから
     また様子を見ることに。

 10月26日 明らかに大きくなっており、切除を決意
     同じ病院で、更に違う先生を受診
     触診・エコーにて、以前の先生同様
     良性腫瘍との見解。
     
 10月27日 術前検査として、乳腺組織診検査
     細い注射針で細胞を、太い針で組織を採取

 11月6日 術前検査として胸部MRI
     
 11月9日 乳がん告知を受ける
     組織診にて癌細胞が見つかった

  突然のドンデン返しにも、取り乱すことはなかった。
  しこり発見から乳がんと診断されるまでに
  いろんなことを考え、どこかで覚悟していたの
  かもしれない。
  それでも、一人になったら涙がポロポロ出た。
  

      
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://applejam119.blog93.fc2.com/tb.php/2-36afaf7f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。