上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週金曜日は中国の“国民の休日”で、夫は3連休となり
もうすぐ帰任ということもあって、交代要員で来た後輩君が
中国国内旅行に誘ってくれました
私も同行しても良いということで

1泊2日 南京の旅

南京は、ホームタウンから特急で4時間
特急と行っても、平均時速180キロ位かな
日本で言う東京ー大阪間位?
中国が広いからか、4時間かぁ、近いじゃん♪みたいな(苦笑)

南京と聞いて、皆さんどんな印象を持つでしょうか…
きっと少なからずあの歴史的な出来事のことを、日本人として
感じずにはいられないでしょう。
私も例外ではなく…
しかも、夫と後輩君はその記念館に行くのがこの旅行の一番の目的と言い
自意識過剰なまでの緊張感があったのも確かです。

後輩君が旅行の手配をしてくれて、
現地では日本語の出来るガイドさんと、運転手さんがついてくれました。

南京には自ら行こうと思ったことはなかったので
出発前に後輩君から借りた中国語のガイドブックや(読めない^^;)
ネットで情報を集めましたが、緊張の方が上回って、
特に期待はしてなかったのですが…

行ってみると、
山有り・歴史的建造物有り・湖有り・美食あり
ホームタウンほど人や車がゴミゴミしていなくて
のんびりムードの街でした

ホームタウンは、北京や上海ほどではないにしても、大分都市化が進んでいるので
日本人としての生活にはそれなりに便利ですが、
中国好きな後輩君には、物足りない感があったそうです
それが、南京では“そうそう、この感じ♪”と喜んでいたみたい

BLOG2008_0405hgh2week0088.jpg 昔の町並みを残している場所。名前忘れました(汗)
学問の神様的な意味合いのある場所らしく、子供連れも多いそうです

BLOG2008_0405hgh2week0089.jpg BLOG2008_0405hgh2week0091.jpg BLOG2008_0405hgh2week0092.jpg
中華門 南京の街を囲む城壁の門の一つで4重の門から成る
明の時代…つまり今から600年ほど前に作られた建造物
石とレンガで出来ていて、当時のまま
右写真、ガイドさんと後輩君と夫。どれがだーれだ?(笑)

BLOG2008_0405hgh2week0093.jpg BLOG2008_0405hgh2week0094.jpg BLOG2008_0405hgh2week0095.jpg 
市内から車で30位行ったところ
一番上の建物には、あの有名な孫文先生が埋葬されています

BLOG2008_0405hgh2week0096.jpg BLOG2008_0405hgh2week0097.jpg 
明孝稜と呼ばれる場所
植物園や歴史的建造物がいろいろある広い公園みたいな。
広大な梅園があって、梅が咲いている時期は圧巻だろうな。
でっかい動物の石造が道の両端に並ぶ小道も撮影スポットの一つ
ラクダの上の木(イチョウ?)が秋には黄色く色付いた時の写真が
よく観光ガイドなどに載っているそうです
私は150cm程のミクロではありますが、それにしてもこのラクダ、デカッ(笑)

こうして、私達3人は、南京の良さにワクワクしたのでした
この自然には、また違う時期にもまた来て見たいと思わせる魅力がありましたよ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://applejam119.blog93.fc2.com/tb.php/283-58aa6bd3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。