上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は旧正月の元旦です
中国では旧正月を春節といって、
日本のお正月のように、これからが中国の新年
爆竹や花火で盛り上がるようです
国全体として、長期休暇となるので
駐在している日本人で、一時帰国される方も多いです

夫と一緒に向こう(中国)で仕事をしていた後輩君も
帰国してきて、時間があったら会いましょうと、
声をかけてくれていました

私も後輩君とは中国で何度か食事を一緒にさせてもらったり
旅行にも行ったし、日本ではまだ会った事ないし(笑)
是非会いたいなぁと思っていました
後輩君(というか、夫の中国駐在に関わった会社の人達)は
私の病気のことを知っています

夫も、後輩君に会えるのを楽しみにしていて
聞いていた帰国予定日に、早速電話してみたり(苦笑)

でも、そんな後輩君から昨日夫に連絡があり
今回は、会うことが出来そうにないと
もちろん、もともと後輩君の都合がつけばの話だったので
残念ですが、むしろ気を使わせてしまったかと恐縮><
その理由も、後輩君は夫に話してくれました

「実は母に乳がんが見つかって、(2月)2日に手術なんです」

そんなぁ

どうやら、腋下リンパへの転移も見られ、
術後すぐに抗がん剤治療のため、3週間ほどの入院になるらしいです

後輩君はうちの夫を慕ってくれていて(ホント有り難いことです)
私のこと(病気も含め)も知っているから、
ここまで話してくれたのかもしれません

後輩君には弟もいますが、
お父様もあまり無理は出来ない身体だと聞いており
出来れば再び中国に戻る日を延期して、
お母様の手術に立会い、説明を聞きたい・・・
急にそんなこと(会社的に)許されるかなぁ
と言う後輩君に、夫も出来る限りのことはするから
残ったほうが良いと伝え・・・
先程夫からのメールで、なんとかなったと聞きました

なんなら、しばらく僕が代わりに中国に…
と言う夫には、妻としては少々複雑な気持ちもありましたが^^;

改めて、ガンは珍しい病気じゃない
いつ自分が患者に、また患者の家族になるのか、
全くヒトゴトではないわけです
私だって今患者だけど、他の家族が罹患した痛みは
また全く違ったものだと思います

ほっておいたら命に関わる怖い病気であることは
まだ変わらないけど
先日とあるテレビ番組では、
ガンの完治率が6割まで来ていると言っていました
きっとこれからもっと上がるでしょう

後輩君の家族が、どんな風に捉えているのか
いろんな状況もひとそれぞれなので
野暮にクチを出すつもりはありませんが(きっと夫も)
もし力になれることがあるなら、いつでも言ってねと
夫に伝言。

私が出来ることは、罹患しても元気でいられる事実を
見せてあげることなのかな
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://applejam119.blog93.fc2.com/tb.php/399-9ed2b8f9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。