上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.12.13 Nothing
結果から言うと、
2度目の採卵も失敗に終わりました

でも、ふさぎこんでいた訳でもないです^^
翌日は、バイト主婦友と、ランチしにいって
7~8時間しゃべりっぱなしww
有り難いことに、この不妊治療についても
打ち明けられるような仲間がバイト先でも出来ました
その二人とランチにいったわけで
前日の失敗の話も聞いてもらったり。

今回は、内容的には前回より厳しかったのです
卵胞はやはりひとつ確認されたものの、
卵胞内に卵子がなかった…

培養士さんの説明の時に聞いてしまった
『卵はドコに行ったんでしょうか?』

もしかして排卵しちゃってたんじゃないの?
なーんて淡い希望も持ちつつ。。。
卵胞内の内容物の所見としては
卵胞は成長したけど、卵子が育っていなかったらしいです

採卵中のエコー画像及び、
採卵直後、培養士が卵子を探す顕微鏡画像を
モニターにてリアルタイムに確認できるわけですが
その時点で「おかしいな」と思ったんですけどね。
確か前回は、ざっとみたところで
主治医が『これが卵子ですね』って教えてくれたのに
スタッフ一同、あれ!?っていう変な気配を感じました(苦笑)

通常、採卵後リカバリールームにて休憩中、
培養士さんが来て採卵結果を教えてくれますが
それもなかったし、そんな時間の中で
やっぱりな…という諦めの確信ができました

で、言葉ひとつ…っていう、細かいこと言うと、
今後のことについて看護師さんとカウンセリングルームで
話した時、
“もっと貴方自身出来ることがあるから、それをしないとダメです”
といった内容のことを言われ、ただのアドバイスだったり
言い回しはその人特有のものだとは思うんですが
少なくとも、今心身ともにダメージを受けた採卵直後の私に
『もっと頑張らないといけない』は無いでしょう?
図星なだけにギクッとしたのも確かだけど
他のスタッフは、苦しさを共有してくれるような雰囲気で
接してくれたよ~

さて、こうして2度の採卵失敗にて、
すぐ次の準備というのは、さすがに酷で
主治医もその辺り察してくれたのか、
年末年始も挟むし、ちょっと休んで次を目指す提案をされました
ただやはり、半年・1年といったスパンを空けてしまうことは
出来そうも無いので、春くらいまでには決断をということで。

前記事でもちょっと書いたと思うけど、
とりあえず採卵3回目までは頑張る!という気持ちは変わらず
3度目を目指します
その状況次第で、その後も考えるつもり。

ホント心身及び、金銭面での負担が大きいので
治療をステップダウンして
何度か人口受精を試してみるのはどうか聞いてみましたが
薦められないとの返答
うーーーん

改めて活字にしてみると、結構しんどい内容ですね(苦笑)

まだ頑張るけど、やるだけのことはやって諦めるのなら
違った未来を見出せると思っています
夫とはトムとジェリーのように仲良しですから^^
(もちろんトムが夫)
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://applejam119.blog93.fc2.com/tb.php/433-4b5c16a6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。