上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.11 音楽
昨日は午前中ノリノリで家事をこなし、ノリノリついでに
MP3でm-floや椎〇林檎のアップテンポな曲を聞いて
バタバタしてたら疲れて、午後はお昼寝
誰もいない家の中で坊主が一人踊ってる姿…キテますりんご(えっ?)

とてもちっぽけなことだけど、昨日はアップテンポな
音楽が聴ける自分に、テンションが上がった
今まで意識したことなかったからわからなかったけど
ノリノリの曲を聴くのには体力が要る!ってことに
気付いてしまったどんだけ老けたんだよ!とも思うし
人の音楽の感じ方も千差万別なのだろうから、あくまでも
私の場合ってレベルの話。

どちらかというとアップテンポで明るい音楽を好み、
落ち込んだときも元気な音楽を聴いてパワー充電
と、手術前も頑張ってきたけど、それが通用するのは
気力だけ落ちた場合!?と今回思った。

心身レベル最悪の時は音楽どころか音さえ受けつけず、
かなりやばい時は、スローだけど悲しくない曲がもの
すごく沁みると感じても、ガチャガチャした音楽は
うるさく感じて疲れるし、好きな曲だったはずなのに
受けつけない・聴きたくないと思ったので、
明るい音楽受け付ける=心身共に元気
だと思えてうれしかった♪
音楽のテンポは私の心身レベルのバロメーターか。

りんごJAM的 スローだけど悲しくない曲
レミ〇ロメン 3月9日 
(レミロメ好き。ドラマで使われたみたいけどそれは知らない)
平〇堅 life is…

前から好きな曲でMP3に入れてあったのだけど、普段
聴くより“辛くても未来はある"と思えたこの2曲。
優しい曲ってのは、弱っているときほどより優しく
響くのだ、これが。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://applejam119.blog93.fc2.com/tb.php/67-99abe4e3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。