上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私に6時間睡眠は睡眠不足
あくび連発で病院へGO車1
でも朝は涼しく新緑の季節のドライブ気持ちいいなぁ

ちょっと家を出るのも遅くなって、病院には診察の10分前に
着いたら、周りの人達もウワサするくらい、混んでた。
GW明けだからかな?ケモ優先の血液検査も過去最高に待った。

血液は、白血球4300まで回復。血圧・体温も問題無く
タキソテール3回目投与決定

3週間ぶりに主治医とごたーいめーん♪
聞きたいことカンペを持って診察室へ~

主治医=主 私=り
主:相変わらず風の様に現れて『どうですか~?』
り:「大丈夫です~(つい条件反射で言ってしまう
  あっ!でも、いくつか聞いても良いですか?」
主:『どうぞ』
り:「投与後翌日から2~3日間、顔が赤くなるんです」
主:『そっかぁ、出ちゃうかぁ。デカドロンの為でしょう…』
 と、ここでカンペが見つかる
 覚書で、しかも誤字有り…恥ずかしい…ははは

 ここからは主治医と共に、カンペを覗きこみながら話す。
主:『夜目が冴える・眠れない…うーん、あっ!!ステロイド
  飲んでるよねそのせいかもしれない。
  でも吐き気よりはいい?夜眠れた方がいいなら、夜分を
  早めに飲むようにしますか?』
顔の紅潮も眠れないのもデカドロンの仕業らしく
り:「顔の紅潮は数日で別にいっか~って思うし、吐き気が出る
   のはイヤなので、薬飲む時間を早めにします」
と言って、眠剤はもらわなかった。
主:『(カンペを見て)針のあと?』
り:「あぁ、前回の点滴の穿針したところを中心に2cm位打撲した
  みたいに黒ずんで、だんだん薄くなったものの先週くらいまで
  気になりました」
ここで、一応見せたけど、どこかわからない位になっていた。
主:『…だんだん血管が…でもあと1回だしね…ぶつぶつ…』
  主治医の誰に言ってるの??てなつぶやきがかわいかった
あと、クリニックでの血液検査とその対応について、やや愚痴
まじりに主治医に報告。するとそれまでどちらかといえばフランク
だった空気が一変、
主:『途中経過の血液検査については、結局は本人の判断に任せる
  ところだし、調子さえ悪くなければ、確かに問題ないです。
  でも、稀ではあるけれど、白血球低下の為に命を落とす人
  がいる現状があるんです。
  ガン自体で死んじゃうのはしょうがない…でしょう?  
  でも、こちらとしても治療中の副作用などで患者さんを失いたく
  ないんです。
だから何でもなければ良いけど、熱が出たり
  おかしいと感じたらすぐに見せに来ることだけは約束して
  下さい』
こんな風に大事なことは目を見て直球で話してくれる主治医が
私は大好きです。太字の部分は言いにくいことで、気のせいかも
しれないけど主治医の表情に切なさを感じたように思い、
ますます主治医に惚れ込んだのでした~

最後に薬の処方する時には、いつもの調子に戻り、次の点滴の
確認をして
主『あと1回ね。若いから大丈夫でしょう』
との言葉に、私はニッコリして
り:「ふふ、ありがとうごさいました、行ってきま~す
と言って、診察室を出ました

そしてタキソテール点滴~
穿刺前に、例の電気毛布で腕を温めていたのを見ていたDr.に
『血管出にくいんですか?』と聞かれ、
明るく「は~い、出ません♪」と答えると
『はは、またはっきりと…』と苦笑いしておりました。
でも『そうでもないですよ、なかなか良さそうな血管が…
どちらがいいですか?』と、2本候補を出されたので1本選び、
多少探ったものの穿刺成功翌日の今日も黒ずんでないぞ。
点滴も順調に進み、予定通り終了♪

付き添いの母が、待ち時間の間に病院近くの気になるパン屋
さんで、私の昼食用のパンを買ってきてくれた。
南瓜あんのパンがおいしかったぞ
 
寄り道は…義母より、自宅に寄るように言われていたので寄り、
先日義母が行ってきた九州旅行(鹿児島?)のおみやげなどを
いただいてきたのと、スーパーだけ。
お会計も薬局も混んでて意外と時間かかってしまったし
治療自体はスムーズだったけど、一日がかりでしたぁ。

デカドロンは点滴にも入ってたし、夜飲むのは止めてみたら
昨日は早くによく眠れました♪今後はどうなるかな??
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://applejam119.blog93.fc2.com/tb.php/89-26a041c2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。